HOME品質管理 ≫ CMMI品質管理

CMMI品質管理

 CMMI L3認証採用

 英極軟件は、2007年6月4日にCMMI CL3の認証を合格し、CMMIは能力成熟度モデル集合の省略で、全世界範囲内でのプロセス改進のトップツールになっています。早期のソフトウェアとシステム能力モデルに基づき、CMMIは独立的・集合的・柔軟性のあるフレームワークを提供して、CMMI記述の実践を使い高品質な製品開発を可能としました。

 CMMIは、近年来、全世界で急速に発展できて中国の各ソフトウェア開発基地でのソフトウェア企業の認可を取得して争って実施しています。北京・上海・大連のCMMI実施企業は途絶えず壮大となっています。大連では、政府は率いてCMMI認証は企業自体の能力アップや企業対外信頼性の育成に対して、重要な役割を果たしていると認識しています。その為、大連市ソフトウェア業界協会(情報産業局)は、大連全てのソフトウェア企業のCMMI実施へ資金支援する政府支援政策を採っています。英極軟件は、大連市ソフトウェア業界協会(情報産業局)の第三回の資金支援企業の一つとなっています。

 英極軟件は、2005年10月からCMMIを正式起動し、1年7ヶ月余りの時間を経て、体系定義・体系評価審査・パイロット・普及・改進の各プロセスを完成し、本年5月にSEI主任評価師経験のある外部専門家チームの正式評価を受け、6月4日にCMMI CL3認証を正式採用しました。

 英極軟件は、Continuousの表現式を採用して、全ての25件のプロセス域から、16件PAを選択してCL3認証を受けた。大連現有のContinuous表現式採用の企業では、我が社はPA数が一番多い会社になっております。最終的に14件のPAが順調にCL3能力レベルであると評価を受けました。同時に、英極軟件はCMMIモデル成熟度2級であるとの要求に満足しています。これは、大連でのCMMI認証歴史上で始めての快挙であります。

CMMIの各プロセス域の審査結論図

CMMIの各プロセス域の審査結論図

CMMI CL3証明書

CMMI CL3証明書

CMMI ML2証明書

CMMI ML2証明書

CMMI管理方針

☆OPD
1.プロセス体系定義は必ずソフトウィアのサイクルと一致しなければいけない;
2.プロセスのカットすることはEPG代表の稟議をしなければいけない;
3.資産を入庫する前に必ずEPG代表の稟議をしなければいけない。

☆PP
1.コーディングの作業量を見積る場合、以前の関連プロジェクトの平均生産率と歴史的なデータを参考しなければいけない;
2.プロジェクトの総作業量を見積る場合、各サイクルフェーズの歴史データを参考必要になります;
3.プロジェクト計画は審査評価をしなければいけない。

☆PMC
1.フェーズ進捗度の誤差をマイナスプナス15%以内に控えなければいけない;
2.一週間の進捗度の誤差をマイナスプナス25%以内に控えなければいけない;
3.上記の許可範囲を超える場合、誤差制御レポートに記録し、有効な管理をします。

☆REQM RD
1.ソフトウェアのニーズが審査評価をしなければいけない;
2.該当プロジェクトのニーズのフローマトリクスを作成して、ニーズ、設計、コーディング、テスト、の横側と縦側の両方フローを確保するようにします;
3.ニーズを変更する場合、プロジェクトマネージャよりチームメンバーと一緒に変更に対しての影響を分析し、十分検討した上で、関係側の承認を貰います。

☆TS
1.技術の解決方案の採用について、正式な決定をしなければいけない;
2.技術資料は適時に技術ドキュメントリストに更新します(適当に技術データパケットをメンテナンス);
3.コードの間の相互チェックのカバー率50%以上。

☆VER
1.システムテストでひどいレベルバグの停める比率100%;
2.システムテストで重要レベルバグの停める比率97%以上;
3.システムテストで一般レベルバグの停める比率90%以上。

☆VAL
1.納品前のバグは解決しなければいけない;
2.納品後、見つかったバグは分析しなければいけない;
3.納品後、見つかったバグは速やかに解決しなければいけない。

☆CM
1.管理計画の作成することはプロジェクトマネージャを確認しなければいけない;
2.基準ラインの変更することはCCBの承認をしなければいけない;
3.正式な納品前に、プロジェクトチームより機能の審査をしなければいけない。

☆PPQA
1.品質確保計画はプロジェクトマネージャを確認しなければいけない;
2.チェックでのNC項目は適当に調整、解決しなければいけない;
3.プロジェクトチームに対して解決できない問題は開発部長など上司に報告しなければいけない。

☆MA
1.EPGは会社レベルからプロジェクトのデータを分析しなければいけない;
2.EPGはプロジェクトチームから提供してきたデータの真実性を確認しなければいけない;
3.プロジェクトの度量の定義を基に、データの収集及び報告をしなければいけない。

☆DAR
1.決定は一人で決められないで、チームより出なければいけない;
2.決定されている各項目にポイントを加えるときに、 多数決の原則通りに行う;
3.プロジェクトマネージャーが決められる決定の最終結果と予想結果をチェック、分析する。

☆OPF
1.メリットとデメリットを確定するように、ソフトウィアを利用するプロセスを定期的に評価する;
2.プロジェクトに利用するソフトウィアプロセスは組織の標準ソフトウィアプロセスをカットしてきた;
3.他のプロジェクトにも各プロジェクトのソフトウィアプロセス、ツールと方法の改善及び有利な情報を取得できるように、ソフトウィアプロセス資産ライブラリを作成する。

☆OT
1.プロジェクト管理と技術ロールを必要する技能と知識を識別する;
2.识别和批准技能と知識を引き渡すトレーニング組織形式を識別、承認する;
3.組織の基礎的な技能を立てるようにトレーニングを提供して、プロジェクトでの特定なニーズと個人の技能を育成する目的を満足する。

☆IPM
1.各プロジェクトが組織の基準ソフトウィアプロセスをカットによって、プロジェクト定義ソフトウィアプロセスのドキュメントを作成する;
2.組織の基準ソフトウィアプロセスを外されているケースに対して、ドキュメントを作成した上で、承認をしなければいけない;
3.プロジェクトの度量データを収集して、組織のソフトウィアプロセスデータベースに格納する。

☆RSKM
1.リスク管理スケジュールを作成する;
2.リスクを識別、分析する;
3.リスクを退避する措置を行う。

☆PI
1.製品のインテグレーション方法、プロセスを明確にする;
2.製品のコンポーネントをインテグレーションの計画を作成する;
3.製品を正確に取組ために、取り込む製品のバリデーションを行う。

TOP