HOME会社案内 ≫ 会社沿革

会社沿革

2000年 9月 英極軟件(大連)股份有限公司は大連市に国家レベルなハイテクパークで設立。
2002年 7月 麻雀ゲームシステム開発完成。
2002年 10月 ビデオ音声会議システム開発完成。
2002年 10月 メール(Eudora)クライアントソフトウェアのローカライズ開発完成。
2003年   数個のモバイルゲーム開発完成。
2004年 7月 ISO9001:2000資格取得。
2005年 5月 大型ネットワーク出会い系システム開発完成。
2005年 8月 インターネットに基づいての外国為替取引システム開発完成。
2005年 10月 インターネットに基づいてのクレジット貸付システム開発完成。
2006年 5月 インターネットに基づいてのイーバングシステム開発完成。
2006年 5月 英極ソフト上海支社を設立。
2006年 5月 大連英極コンピュータ知識人材育成学校を設立。
2006年 7月 インターネットに基づいての証券取引システム開発完成。
2006年 12月 SNSシステム開発完成。
2007年 5月 インターネットに基づいての先物取引開発完成。
2007年 6月 CMMI L3認証取得 モジュール成熟度レベル2認証取得。
2007年 7月 徐躍平社長のMBOによって、268万ドルで登録した外資企業になる。
2007年 8月 インターネットに基づいての外貨為替取引システム中国語バージョン開発完成、 稼動 開始、(バーチャルシステム)。
2007年 8月 電話機着信転送システム開発完成。
2007年 10月 徐躍平社長は中国誠信企業家の名誉を獲得。
2007年 の間 徐躍平大連市帰国留学人員創業英才TOP10に当選。
2008年 9月 クレジットカードチェック用サイト開発完成。
2008年 12月 インターネットに基づいて万人同時オンライン外国為替取引システム開発完成。
2008年 の間 中国サービスアウトソーシング最優秀実践企業トップ50。
2009年 6月 大連英極通信服務有限公司を子会社にする。
2009年 7月 徐躍平は日本国EMCOM(EMCOM CONSULTING)株式グループ(JSD:7954)取締役会主席、代表取締役社長CEOに栄転。
2009年 の間 中国サービスアウトソーシング最優秀実践企業トップ50。
2009年 の間 2009年度が創業英才模範に当選(創業英才TOP10に当選)。
2010年 2月 株式会社EMCOM HOLDINGS、弊社と株式会社YAMATと共同投資し、EMAT会社設立。
2010年 3月 食品物流ASPシステム開発完成。
2010年 3月 第一回目中国帰国留学人員創業「騰飛」賞に入賞(全国60社)。
2010年 10月 第一回目中国帰国留学人員創業「騰飛」賞潜在力企業TOP10に当選。
2010年 12月 「2010年度中国留学人員創業園成長性創業企業TOP100」に当選。
2011年 1月 個人情報保護PIPA認証を取得。
2011年 4月 徐躍平が中国ソフト及びアウトソーシング十年(2001-2010)傑出人物に当選。
2011年 4月 2010年中国ソフトウェア輸出第16名、2010年中国アウトソーシング第18名に当選。
2011年 4月 2009-2010年度先進企業に当選。
2011年 7月 OA企業管理システムを開発する。
2011年 12月 社名を英極軟件(大連)股份有限公司に変更。
2011年 12月 大連英極計算機職業培訓学校を廃業。
2012年 1月 大連創業パーク産業発展貢献企業に当選。
2012年 3月 日本株式会社EDGE CONSULTINGを買収する。
2012年 5月 英科睦軟件技術(大連)有限公司を買収する。
2012年 5月 英脈特信息技術(無錫)有限公司を買収する。
2012年 10月 英極が英極控股集団(香港)股份有限公司を設立する。
2012年 11月 英極控股集団(香港)股份有限公司が英極投資(香港)股份有限公司を設立する。

TOP