HOME事業案内 ≫ 金融 システム開発事業

事業案内

金融 システム開発事業

FX(外国為替証拠金取引システム)

     英極外国為替証拠金取引システムは顧客がオンラインに取引するし、CS人員がバックヤードを管理する及び、Dealerがリアルタイムに取引する外国為替システムです。顧客の取引についてはシステムより多種のクライアントの展開方式が提供されています。その内にはFlash、Ajax、SWT等があるし、アクセス経路にもPCとMobileが含まれています。現状、当該システムは日本の三つのクライアント会社で本番運用をしているし、同業界にナンバーワンのよい実績を取得しています。

機能概要:

  • オンライン取引システムは顧客へ各種柔軟な取引方式を提供しています。その内に、成行注文、指値注文、逆指値注文及びTrailingStop注文等があります。顧客は当該システムにてリアルタイムのレート情報とニュース情報を閲覧することができます。
  • 顧客ポジション一覧、注文履歴検索及び取引履歴検索、売買実績等の機能は顧客が自分のアカウントを管理する、取引のリスクを判別することに力強い保証を提供できます。
  • バックヤード管理システムではCS人員が日常取引に関連するシステム設定をすることができます。そして、FXシステムの顧客に必要な审查と許可ができます。
  • 上記の基本的な管理機能以外、CS人員は当該システムでリアルタイムにシステムポジションの状況を把握できるし、レートの変動、システムの損益等によって、銀行との取引をするかどうかを決めて、FXシステム自身が最大の利益を取得できるようにします。

技術要点:

  • システムサービス側ではJ2EE技術フレ—ムワ—クを採用して開発されています。取引を行うクライアント側はFLEX、Flash、Html、 ObjectC など技術にて実現されています。
  • MySQL clusterデータベースを利用しPersistence storageとして、スピードはさらにすばやくなります。
  • ActiveMQ 等メッセージミドルウェアを利用してシステム内の通信を行い、ノーダル モジュール設計はシステム構成にさらに融通がきき、高いユーザビリティテストと高い拡張性を持っています。
  • システムには幅広いcache技術を利用し、データベースのアクセス量を大幅に減ら、取引スピードを向上させます。

システム図:

FX(外国為替証拠金取引システム)

>> MORE

TOP